b6377e81bd631e3187390744e30297c2_400

今の現代社会は何かと忙しく、とかく急ぎがちになりやすい。

まあ余裕が全くない‼

余裕もなく、せっかちな人は、寿命が縮みやすいというヽ(´o`;

“生き急ぐ”と健康を害する危険が!

仕事でもプライベートでも、短時間で可能な限り沢山のことをしようとする人って、この現代社会では意外と多いはず。
この“生き急ぐ”ことで、心臓疾患を持つ患者には幾つかの共通した行動パターンがあることを発見‼

心臓疾患になりやすいタイプの特徴。

(1)仕事好き、行動がテキパキしている

(2)野心的、競争を好む


(3)目標達成願望が強い


(4)早口、早足、早食い


(5)他人からの評価を気にしやすい



といった特徴があげられたそうです。


どう? 

当てはまっていません?



のんびり屋のほうが心臓病リスクが低い!?



また、3,500人の健康なサラリーマンを対象に行った調査で、比較的のんびりとした性格の持ち主よりも、上に書いたような特徴の“せっかち”タイプの方が、10年後に心臓病にかかる確率が3倍も多かったという結果が出たんだとか・・・・



早足、早飯なのは当てはまってるかも(^_^;)

もういい年なんだから、生活習慣を少し見直してみるか。