480x776x82a975eb490416a1f63cb99a

よく自分は寝る前によく食べてしまう。

食べると不眠症になったり、胃がもたれたり・・・・
そんな寝る前に食べては駄目なもの。

・アイスクリーム

夜寝る前に、なんとなく食べたくなってしまうこと、ありますよね。そして、寝る前のアイスクリームは、ことさら美味しく感じるものでもあります。

しかし、消化に時間のかかる脂肪分や多量の糖分が含まれていますので、ベッドに入る前に食べるのは絶対に避けてください。かなりのハイカロリーを摂取することになります。


・ポテトチップス

テレビを見ながら、あるいはスマホをいじりながら食べてしまうのではないでしょうか。よく知られているように非常にハイカロリーですし、残念ながら栄養素はほとんどありません。寝る前は絶対避けましょう。

わかってはいるものの、誘惑に負けてつい手が出てしまいますよね。しかも途中でやめることが難しい……困った食べ物です。


・肉

消化に時間がかかるので、寝る前だけでなく、夜にお肉を食べることは本来はおすすめできません。消化するために胃の働きを活発にしてしまうからです。その結果、内蔵が休まらず体に負担をかけるので、結果として睡眠の質も劣化してしまいます。お肉を食べる時には注意しましょう。


・チョコレート

チョコレートには、そこまで多量の脂肪分や糖分が含まれているわけではありませんが、カフェインが多量に含まれています。眠る前に多量のカフェインを摂取すると、体が興奮して眠ることができなくなります。コーヒーも同じです。寝る前のチョコレートは厳禁です。


・スイーツ

ケーキ、ドーナッツ、シュークリーム、カステラなどのスイーツは、多量の糖分を含んでいます。どうしても疲れていると、こういったものに手が伸びてしまいますよね。多量の糖分は血糖値を上げてしまうので、安らかな睡眠を妨げてしまうのです。


以上、“寝る前に食べてはいけない食べ物5つ”でしたが、いかがでしたでしょうか? 秋の夜長で、ついつい夜更かししてしまいがちなこの時期。そんな時、もし小腹が空いたとしても、この5つだけは避けて上手に夜の時間を楽しんでください。



う~ん・・・
どれ食べても僕は大丈夫な気が(笑)

いつも数秒で寝落ちしてしまうヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。